フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2018年10月22日号]

上京民商ニュース 2018年10月22日号

消費税増税ストップ!

社会保障よくする気なし!安倍首相

13日、消費税学習会が行われました。上京民商も参加する消費税廃止北、上連絡会が主催したもの。

消費税学習会「安倍首相は、社会保障をよくする気など全くないですよ」「消費税増税は、大企業、大金持ち減税の財源」「憲法改悪のためには大企業財界の応援が必要」と言い切る大門参議院議員のお話。

「安倍さんは消費税なんてどっちでもいいのでは?」「とにかく株高を維持して大企業の支持をつなぎ留めたいばかりでしょう」と話をされました。

《アベノミクスは失敗》

日本経済は縮小気味、家計消費が落ち込んでいる、増税だけで財政再建した国は世界のどこにもないと解説しました。

《複数税率で混乱》

いま国税庁に問い合わせが殺到しているのは、「どこまでが8%で、どこから10%」という線引き問題。国税庁幹部は飲食店などの場合、「お店に椅子があれば(外食として)10%、椅子がなければ(持ち帰りとして)8%でどうか」と言い出しているそうです。

《経済の立て直しは!》

「今大切なことは将来不安をなくすこと、財政再建は必要だが、景気を良くすること、社会保障切り捨てをやめ、将来不安をなくすことが大事なんだ」と訴えられました。

民商では消費税増税中止の署名を行っています。みんなで増税中止を求める意思を署名で示していきましょう。

仲間が増えてみんな元気

会員や読者、仲間増やしの活動が続いています。

越智副会長は「共済勧めは人助けの活動」と知人や友人、元会員さんへ声をかけています。先日この春、諸事情でやめた会員さんとの対話で「やっぱり民商の仲間に入るわ」と共済加入要求で入会となりました。早速19日に開かれる支部総会への参加も誘い、喜ばれています。

間野会長は「先月1ヶ月購読してくれたカラオケ教室の先生が4ヶ月購読してくれる」と読者を増やしました。

16日の「民商なんでも相談会」にも3人の会外の市民が相談に来られています。弁当配達の業務委託契約で働く78歳の男性の税金申告相談や相続の進め方、台風被害の対応など相談に乗り喜ばれました。

台風被害で会員の工務店さんを紹介した会員さんからは「相談できるところがあることは心丈夫です」との声もあります。

「一人で悩まず民商へ」、「民商はなんでも親切に相談してくれるよ」と声をかけていきましょう。

上京民商レディース健診

◎子宮細胞診・経膣エコー →1,500円
◎乳がん診触診・乳腺エコー →1,500円
◎子宮がん・乳がんセット検査 →3,000円
◇健診機関:仁和診療所 (仁和寺街道御前西入ル南側)
◇健診日:乳がん・第3月曜(昼2時〜5時)
子宮がん・毎週月曜(昼2時〜5時)、第2・4水曜(朝9時〜12時)
民商婦人部・共済会で取り組むレディース健診です。民商共済会の健康診断補助(共済加入者に限る)を活用し安価で受診できます。