フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[民商]>[上京民商]>[ニュース 2018年3月19日号]

上京民商ニュース 2018年3月19日号

3・13重税反対北区・上京区統一行動

森友疑惑の徹底解明を!、消費税増税は絶対反対!

3月13日、全国一斉重税反対統一行動を上京民商・北民商や京建労北、上京支部など北上京区合同で8団体が集まり、集会やパレードを行いました。重税反対統一行動

9日の佐川国税庁長官の辞任騒ぎもあり、「安倍政権は辞職せよ」「財務省、税務署は猛省せよ」「真相を明らかにせよ」「消費税増税で商売あかん」「庶民に消費税増税、大企業に減税はけしからん」と、怒りいっぱいの納税者、中小業者や建築職人、年金生活者など160人を越えて会場いっぱいに集まりました。

集会報告では、「佐川国税庁長官を追い込んだ我々の運動を確信にし、安倍政権を退陣に追い込もう」と訴えました。

集会後、途中参加の人もあり200人を超えるパレードで税務署に向かい、確定申告書を提出しました。

〜仕事が4割減った!増税ストップを〜

「増税不況でお金がまわっていない。私も昨年売り上げが4割減りました」と北民商弥吉会長が開会挨拶。

上京民商間野会長は、「消費税は消費者だけでなく業者も苦しんでいる。物価は上るし物は売れない、こんな悪政やめさせよう」と訴えました。重税反対統一行動

集会決議で「いんぺい体質の財務省に猛省を求める」と決議し、佐川国税庁長官辞任で終わらせず、森友疑惑の徹底解明を!政府は真相を明らかにせよ」と決議しました。

〜重税反対、みんなで声あわせ〜

集会後、税務署に向かったパレードは、森友疑惑を解明せよ!役人に責任を押し付けるな、消費税増税中止、戦争法廃止、原発撤退などなどを口々に声高く訴え、道行く市民からも声援を受けるパレードとなりました。

春の仲間ふやしが続いています、民商を知らせよう

3月3日(土)には、共済部が呼びかけた「宣伝チラシ配布行動」が取組まれました。

越智部長を先頭に、仁和支部から松田さん、横山さん、喜多さんが事務所に集まり、自宅届けの人も含め7人が「民商のビラ配り」に参加。室町支部も独自に400枚のビラを配るなど1300枚余りを各戸に届ける行動ができました。

〜民商が親切でええわ!〜

2月最初のなんでも相談会にこられた、自動車関連の業者さんが来所されました。「税務署の申告相談会に行きましたが、さっぱりわかりません」「民商さんのお世話になります」と、税金申告相談で入会いただきました。

間野会長が、税金相談のあった子どもさんに勧めて商工新聞を購読してもらいました。

1月から新読者22人、新会員3人共済会員4人を増やして、新潟目指す拡大列車、上京民商号は、北陸本線の福井の次、森田駅まで進んでいます。会員比拡大率で全府24民商中6位になっています。知人の中小業者に「民商の仲間になろう」と呼びかけてください。

第6回洛中マルシェ開催体験カフェ開催

手づくりでのものづくりを行う職人、作家が集まり、続けている「洛中マルシェ」第6回目は21店舗で3月10日、11日に西陣織会館で行ないました。洛中マルシェ

自らのものづくりへの思いを使い手に伝える場として、体験を重視したイベントして好評です。今年も大阪等近県からのお客さんもあり2日間で470人が来場されました。

体験コーナーも充実し、ロクロ体験では子どもたちが土をいじり成形の作業や柄付け体験。

染色では、ぼかし技術の体験。

書の体験では「楽しむ書」として自由に書を書いてもらい、パネルにしてお持ち帰りいただくなど参加者に喜ばれる企画となりました。

近隣小中学校の生徒、保護者への案内を行い、子どもたちの参加が増え、手仕事への関心を高めることができました。

一日目の夜には出店者の交流会を行いほかの作家さんとかと知り合えてよかったと喜ばれました。

先日、上京区役所ロビーでの作品展示も行ない、日常的な情報発信としてホームページも立ち上げ、今後の継続した取り組みへ発展しています。教室を持つ出店者は、新たな生徒さんも確保できました。外国からのお客さんも来られ、ろくろを回したり、染め体験をしたりと日本の文化を発信する機会ともなっています。

「来年も楽しみにしています」と参加さんたちからも、消費者からも声が寄せられていました。上京民商滋野支部の駒田さんがコーヒーショップで出店いただき、コーヒーショップシャトレのファンもたくさん来られました。

民商宣伝カーみちがえました!

長年民商の音の宣伝を担ってきた「上京民商宣伝カー」、風雨にさらされサビも目立ち、塗装が必要となっていました。

成逸支部の徳岡さん(塗装)にお願いしたところ「ただでやったげるわな」と嬉しい声をいただき、このほど、新品同様ピカピカに塗りなおしていただきました。

いま、気持ちよく、上京区内を走り回っています。徳岡さんありがとうございます!

不審な請求書や電話に注意!

先日、会員さんより「見に覚えのない企業から、本の購読料請求書が送られてきた。払わないといけないのか」と相談が寄せられました。

『(株)労働実務』という会社からで、「労働基準法等の実務解説うんぬん…」と書類に書いていましたが、これは『送りつけ商法』という詐欺商法です。

厚生労働省労働局のホームページでも、「この団体は、当局とは一切関係がなく、また、当局では、書籍・雑誌等の販売には一切関与しておりませんので、ご注意願います。」と注意喚起がされています。

不審な請求書や電話には応対せず、身近な人や民商にご相談下さい。