フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第14号(2018年8月7日号)]

京商連News 第140号(2018年8月7日号)

「7月豪雨」被害に関する募金の呼びかけ
先日、西日本を襲った豪雨は、京都でも福知山市などに大きな被害を引き起こしています。
全商連が「震災募金口座」を開設しました。募金は、民商事務所にお持ちいただくか、口座にお願いします。
全商連災害対策本部 本部長 太田義郎
りそな銀行 目白出張所
普通預金 1236859(店番314)

第15回 全国業者青年交流会 in北九州

第15回 全国業者青年交流会 in北九州

※参加費については、援助があります。  お問い合わせや申し込みはお近くの民商へ

京青協経営セミナ−(京青協プレ企画)

日時:9月2日(日)
場所:中小企業会館705〜707号会議室
◆分科会:午前10時〜12時
@事業継承 A税金Cafe B法人設立のメリット・デメリット
◆フィールドワーク:午後1時30分〜3時
地域と共存するゲストハウス経営
※場所は青年部員の経営する京都市内のゲストハウスを予定

京商連共済会 第41回定期総会 & 創立40周年記念レセプション

40周年レセプションであいさつする京商連共済会三役のみなさん7月8日、ルビノ京都堀川で京商連共済会第41回定期総会が開催され、その後、創立40周年記念レセプションでは、全商連共済会の鎌田理事長に激励の挨拶をいただきました。沖縄民謡おどり、前進座の舞、歴代共済会役員が思い出を語り、21番街Sさんの演奏で盛り上がり終了しました。

京商連共済会 第41期新役員体制のご紹介

理事長  西村 英弥(右京)
副理事長  西井 比吉(乙向)
副理事長  福井 康喜(与謝)
副理事長  三好 作治(北)
副理事長  越智 満子(上京)
会  計  石野  明(亀岡)
専務理事  丹野 妙子(京商連)

京婦協一泊学習会 高浜・大飯原発を訪ねて

京婦協一泊学習会 高浜・大飯原発を訪ねて6月30日・7月1日、京婦協主催の福井県の高浜・大飯原発への、一泊学習会に28人が参加。1日目は日本共産党の町議猿橋さんにガイドをお願いし、高浜原発と大飯原発を見学。2日目は小浜の明通寺僧侶の中嶌哲演さん(原発設置反対小浜市民の会の代表)と西方寺尼僧の宮崎崇真さん(ふるさとを守る、高浜・おおいの会)からお話を聞きました。

中嶌さんは「原発事故以降、住民の不安も大きい。地元で再稼働を認めている人も、安全性に自信があるわけではなく、自分たちの生活や自治体の財政がどうなるかという明日への不安から反対できないでいる」と語り、宮崎さんは「ある住民の、『原発の補助金で得た利益より、人間として失ったものの方が悲しい』という気持ちに寄り添いながら、原発が無くても生活も暮らしも成り立つという自信を取り戻すために、今何ができるのか模索し、原発廃止を目指す」と話されました。

増税STOP!くらし悪化のもと、消費税10%中止を!

府議会へ420団体が請願

6月27日に京都府議会事務局へ420団体を代表して請願提出安倍政権が来年10月からの消費税10%増税強行を閣議決定するもとで、消費税廃止京都各界連絡会が6月に取り組んだ消費税中止府会請願は2003年以降最高の420団体の賛同を集めて提出されました。連絡会では、府内約570団体に賛同の要請書を郵送し、初めての賛同団体も増加。「インボイス導入で商取引から排除される」と個タク互助協の呼びかけで個人タクシー関係団体に賛同を広げたことが、大きな特徴です。

消費税廃止京都各界連絡会加盟団体の支部・分会では、京建労=170団体、民商=105団体、新婦人=70団体、全企連=24団体、なくす会=14地域の会、母連=11団体など意識的に請願に取り組まれました。

特席 「夏休み」 藤田 直紀さん(船井北桑田民商)京商連 第25回中小業者フォトコンテスト結果

特席 「夏休み」 藤田 直紀さん(船井北桑田民商)
一席 「伝統寒仕込みそうめん」 鳥居 博一(やましろ民商)
二席 「湿地夕景」 池田 靖(京商連)
三席 「沖縄連帯パレード」 小鹿 節子(経理センター)
佳作 「2018年平和行進引き継ぎ」 丹野 妙子(京商連)
佳作 「車輪(葵祭)」 十河 勝一(右京民商)
入選 「商売を語る会」 宮村 秀志(山科民商)
入選 「パワースポット」 遠藤 隆之(山科民商)

入選作品はこちらのページへ。

 

地域で生きる

ヘアーサロンなかむら 中村 達也(なかむら たつや)さん(53)創業は明治時代 「京の老舗表彰」された理髪店

ヘアーサロンなかむら 中村 達也(なかむら たつや)さん(53) 船井・北桑田民商

ヘアーサロンなかむらの創業は明治後期ではないかと言われています。現在の店主・達也さんで5代目です。

京都府が「同一業種で100年以上にわたり堅実に家業の理念を守り、伝統の技術や商法を継承し、他の模範となってきた企業」を顕彰する「京の老舗」表彰申請にあたって、町の教育委員会などで古い地図や大正時代の元旦祝賀広告などを見つけて、コピーを資料として提出したからです。

ヘアーサロンなかむら
ヘアーサロンなかむら
〒622-0213
船井郡京丹波町須知(しゅうち)藤ノ森16-2
電話 0771-82-0764
〈営業時間〉午前8時から午後6時まで
〈定休日〉月曜日、毎月第二月曜・火曜日、
第三日曜・月曜は連休

達也さんのおじいさんの時代には現在の南丹市日吉町にも支店があり、須知の店には理髪用の椅子が5台あり、従業員さんもいたそうです。(その後、支店は汽車のばい煙による大火災で焼失したそうです)

民商とのつながりは4年前に亡くなった先代の父・実(みのる)さんからで、もう40年以上になります。民商の事務局員をしていた方がお客さんにいて、税金や融資の事で相談をした事が始まりでは?と達也さん。

達也さんにもこれまでに班長さんや新聞配達をお世話になっています。

22歳で急きょ店を継ぐことに

ずっと大おじいさんから「跡継ぎやから…」と言われていた達也さんは、子どもの時から「やるものだと思っていたので…」と高校卒業後、専門学校1年・インターン1年を経験し、京都市内の店で3年間修業しました。店を変えて、もう少し修業を…と考えていた矢先に連絡が来ます。当時58歳の父が倒れたという知らせでした。

入院中の父に代わり、急きょ店に戻って事業を引き継いだ達也さん。22歳の若者は、父親に代わり、理容組合・地域・民商…何から何まで引き継ぐことになりました。

「京の老舗表彰」退院した父に連れられて、船井北桑田民商の一番最初の事務所に行った記憶があると達也さん。初めての申告は、事務局員にああ書いて、こう書いてと言われるままでした。

商売でも、戻ってすぐはお客さんそれぞれの好みや性格など分からなくて苦労しました。そんな達也さんですが、その後は事務局に相談しながら、青色申告に挑戦したり、現在は会計ソフトを使って経理をしています。

心の疲れ 刈り取ります

現在、店は母・照子さんとの二人三脚。ほとんどが代々の常連さんです。

家族3代、4代そろってのお客さんもおられるそうです。達也さんの3人の子どもも成人し、一番下の子どもさんは美容師として働いています。

大正時代の元旦祝賀広告達也さんは「昔からのつながりで信用してもらえているのだと思う。お客さんの趣味等にあわせて話すこともあるが、お客さんから色々な話が聞け、(自分の)おじいさんの若い頃の話など知らない事を教えてもらえたりもする。技術は足りないところもあるかもしれないが、来てもらって髪だけでなく、心もすっきりしてもらえれば、うれしい」と話します。

達也さんの趣味はバイク。たまの休みには、バイクをいじったり、ツーリングを楽しんでいます。

今の悩みや夢は「もう少し忙しいとうれしい。若い人は美容室へ行く人が増え、常連さんも不景気で来店の周期が伸びてきている。今、バーバースタイルという刈り上げて七三にする髪型が流行ってきていて、サッカーワールドカップの出場選手などもやっている。理容の良さも見直されれば…と思っている。夢はいつかバイク好きの集まるバイカーズカフェをやってみたい」と教えて下さいました。

 

「複数税率インボイス導入で商売はどうなるか? ご存知ですか?」

伏見民商

消費税の複数税率・インボイス学習会に19人が参加

参加の呼びかけ・当日の運営も支部の役員さんが奮闘

伏見民商神川支部が作成したチラシ7月14日、伏見区役所神川出張所で、伏見民商神川支部主催で「複数税率インボイス導入で商売はどうなるか?ご存知ですか?」の学習会が行われ、支部の会員さんや地域の業者さんなど19人が参加しました。

参加の呼びかけや当日の受付、資料渡しなど、支部役員会できちんと議論し、支部の役員さんが手分けして行いスムーズに運営されました。

出された質問として、
○簡易課税業者だが、簡易課税制度はどうなるのか?
○問屋も小売りも免税業者の場合、メーカーから仕入れをしたら、インボイスを発行しないといけないのか?
○下請けで内職している人や大工の一人親方など、免税業者でも、相手が課税業者の場合、インボイスで請求しないといけないのか?
等が出され、この学習会のビラを見た方が「確定申告の事が心配」と入会されました。

(伏見民商ニュース7月23日号から転載)

倉敷民商弾圧事件・3人の無罪を勝ち取る中京の会

中京民商

第2回総会を開催

倉敷民商弾圧事件・3人の無罪を勝ち取る中京の会倉敷民商弾圧事件・3人の無罪を勝ち取る中京の会は、7月13日、ハートピア京都において、第2回総会と総会記念学習会を開催しました。

この総会には、倉敷民商の3人の事務局員(小原淳さん、須増和悦さん、禰屋町子さん)からメッセージが寄せられました。

2018年度は、禰屋裁判で完全無罪を勝ち取る運動を強めること、税理士法52条の改正を提起していくこと、労働者の自主申告権を取り戻すための運動を強めていくことを確認しました。

総会終了後、総会記念講演会として、山室功さん(税理士、元国税局職員)にお話ししていただきました。

(中京民商ブログより抜粋、詳しくはこちらをご覧ください)

倉敷民商弾圧事件・3人の無罪を勝ち取る中京の会 第2回総会を開催 | 中京民主商工会(中京民商)

京商連支部役員学習会

日時:9月9日(日)午前10時〜
場所:京都アスニー

行事案内

〈日程〉