フリーダイヤル0120-22-0000 営業、税金、資金繰りや融資、健康など、商売に関してお困りの場合は、京商連のフリーダイヤルにご相談ください。

お問い合せはこちらへ

京商連のブログ

[ホーム]>[広報]>[京商連News 第137号(2018年5月7日号)]

京商連News 第137号(2018年5月7日号)

第15回全国業者青年交流会
9/23(日)〜24(月・祝)福岡県北九州市で開催に向けて
京青協6/3(日)
新入会員歓迎!ボウリング大会
吉祥院ボウル午前10時集合
詳細は、各民商青年部までお問い合わせください。

悪政に反撃して、全商連、京商連総会めざす 拡大目標の総達成を!

「民商は良い組織だよ」と、紹介したくなるような民商運動を!

拡大すごろく京商連では、この春の運動(1月1日〜3月末)で、昨年に引き続き、拡大すごろく、すごろくポイント会員比率競争に取り組み、読者304人、会員100人、共済会110人、婦人部員59人、青年部員17人を拡大しました。

4月22日の京商連第3回理事会で拡大表彰されました。

2018 京商連拡大すごろく Road to Niigata 表彰

ポイント数順位
@八幡 A中京 B北C右京 D上京
会員比率順位
@南 A八幡 B宇治C上京 D北
ポイント数1位 八幡民商
会員比率1位 南 民商

消費税実施から30年目

「2019年10月からの10%への増税は中止せよ」

消費税は1989年4月1日に3%で導入されました。今年で実施から29年となり、30年目に入りました。この節目に、「10%への増税は中止せよ」の大宣伝を各地で行ないました。国民の支持を失った政権に増税はできません。「3度目の延期」を実現すれば、増税を断念させ、「税金の集め方と使い方」を正し、消費税にたよらない政治への道が開けます。いまこそ街頭で大宣伝を行い、安倍政権を追いつめて、改憲も消費税増税もストップさせていきましょう。

祇園石段下で『消費税をなくす会』&『京都消費税廃止連絡会』4月1日、祇園石段下で『消費税をなくす会』&『京都消費税廃止連絡会』による消費税増税反対宣伝行動を行ないました

ストップ!消費税増税・中京の会4月1日、中京民商など中京区の団体・個人でつくる「ストップ!消費税増税・中京の会」は、JR二条駅西口で、約60人が宣伝に参加しました

京都府知事選挙 福山和人弁護士

大善戦・大健闘

4月8日投開票で行われた京都府知事選挙で、幅広い市民と民商・京商連も推薦した福山和人候補は、残念ながら勝利することはできませんでしたが、31万7617票(得票率44.1%)を獲得する大善戦・大健闘の結果でした。

京都新聞やNHKの出口調査では無党派層や立憲民主党の支持者の6割近くが福山候補に投票しました。左京区で勝利して、多くの地域で得票と得票率を大きく伸ばしました。

民商・京商連は、他の業者団体とともに「Kyoto地域経済循環ネット」を結成して、パンフレット『仕事とお金を地域で回し京都の宝を生かそう どうする京都経済◆7つの提案』を作成して、商店街や業者団体訪問で広範な業者に府政要求を届けて対話しました。合わせて、多くの業者の参加を得て岡田知弘教授を講師に経済講演会を開催しました。こうした取り組みを通して、全国でも有名な三嶋亭五代目当主が福山候補を推薦し、選挙戦で弁士に立ち奮闘されました。

福山候補を推す業者は、各地の商店街でパンフを届けて対話を広げ、店に「カフェビラ」を置いて支持を広げました。福山さんのDVDを見て「感動した」と店で流す業者も現れ、SNSでの発信も広がりました。

地域循環型の京都経済へ運動強めよう

今回の府知事選を府民参加の京都府政をつくる第一歩とするためには今後の運動が大切です。公契約条例や中小企業地域振興基本条例の制定などで中小企業・業者を支援し、地域循環型経済へと役割を発揮する府政をつくるため、引き続き運動を強めていきましょう。

改憲・大増税阻止!共同の時代をひらく強く大きな民商・全商連を

全商連第53回定期総会
日時:2018年5月26日(土)・27日(日)
場所:ANAクラウンプラザ ホテル新潟

全商連共済会第25回定期総会
日時:2018年5月28日(月)
場所:ANAクラウンプラザ ホテル新潟

全ての民商が、読者と会員、共済会を拡大して「全国牽引表彰」に挑戦しよう。

京商連第57回定期総会
日時:2018年6月10日(日)午前10時開場・午前10時30分開会
場所:京都府中小企業会館2階ホール
京商連拡大表彰の基準
@全商連第52回総会時現勢で読者又は会員で+1を達成した支部を顕彰し、達成した支部×大入り袋1000円を民商に贈呈します。
Aすべての民商で青年部を確立することをめざし、4月以降青年部員を1人以上増やし、部長を決め、4月から京商連総会までに部会を開いた民商を青年部確立民商として特別表彰します。

民商大腸がん二次検査補助金を行うことになりました!

京商連共済会

京商連共済会では、中小業者の命と健康を守る運動をよりいっそう強化するために、すべての民商で共済会員・共済加入の家族・共済加入の従業員を対象に、一点検診大腸がん健診を取り組んでいます。陽性反応が出ている方もあります。健康を促進させるために大腸がん健診で陽性反応が出て、二次検診を受けられた方に補助金として5000円を支払う事になりました。二次検診を受けて頂き、元気で商売を続けられるよう願っています。

対象…1月から3月末までの民商大腸がん健診を受けた、共済会員・共済加入の家族・共済加入の従業員です。
申請方法…陽性反応が出て、二次検診を受けられた方は、「大腸がん二次検査補助金申請書」に陽性反応の結果と二次検診を受けた領収書を添付してください。

お問い合わせは、各民商共済会まで。

第25回中小業者フォトコンテスト開催します

入賞作品は、6月10日の京商連定期総会で展示、京商連ウェブサイトに掲載します。

詳細お問い合わせは、京商連または各民商へお願いいたします。


地域で生きる

まるで託児所! 気軽に寄れる美容室

カットステージはーとおぶK 田中恭子さん(64)カットステージはーとおぶK
田中恭子さん(64) 城陽・久御山民商

城陽・久御山民商 寺田東支部の田中恭子さんは、30代から美容室に勤め、好きな仕事をいつまでも続けられるようにと、17年前に独立開業しました。

「お店の売りはなんですか?」と尋ねると、「いやーうちは大きなところと違って何もありません。いつもお客さんの子ども(孫)さんがワイワイはしゃいでいて、託児所みたいな所ですよ」と笑顔で話されます。

城陽市の住宅街で営業。親、子ども、孫ら三世代が多く暮らす地域で、幅広い層から愛されている美容室です。

好きな事で、お客さんを幸せにしたい

前庭の整理された花壇と緑樹のアーチをくぐって店内へ。2階の出窓にはミッキーマウスやドナルドダックの人形が飾ってあり、一見すると、本当に託児所かなと思えるような外観です。12月にはクリスマスイルミネーションも輝きます。安心して子どもを預けながら、髪を綺麗にしてもらえる。そんなお店です。

カットステージはーとおぶK
カットステージはーとおぶK
城陽市寺田市ノ久保2-461
電話 0774-55-3197
〈営業時間〉9:00〜
不定休 完全予約制

お店は、恭子さん一人できりもりしており、取材を申し込んでも、空き時間がないほど予約が詰まっています。

お店は、髪の毛が傷まないデジタルパーマを導入。シャンプーやトリートメントには、ハーブ・オーガニックカラーを使用。

でも、予約が途切れない理由は、もっとあります。

仕事の合間には、世間話だけでなく、お客さんの悩みの相談も多く受けます。いつも元気で気さくな恭子さんだからこそ。

「つながり」の中で決意

「消費税」に話を向けると、「5%の時から価格は変えていません」とキッパリ。

もし10%に引上げられたとしても、そのまま変えないそうです。

理由は、「お客さんには年金受給者も多いから」。地域に根差し商売をしているからこその決意がうかがえます。

4月の府知事選挙では、「福山さんに個人的にお世話になったから」と初めて自宅にポスターを掲げ、地元の演説会だけでなく、京都市内の演説会にも駆け付けて応援されました。

今回の取材を通し、町の小さなお店がいかに地域に貢献しているのか、を改めて実感することができました。


商売を伸ばしたい、良い仕事をしたい
力を合わせ、経営力強化

中京民商 商売を語る会

中京民商 商売を語る会「先のことを考えられるのはそれだけで幸せなこと」

(有)日葬の九谷田拓司さん 終活の意義を語る

3月27日、朱八支部の有限会社日葬の九谷田拓司さん(1級葬祭ディレクター)が、「これからの終活&エンディングを学ぼう」と題して語りました。

終活は日本社会の変化が生んだもの

「終活」が2009年以降、急速に広まった言葉であることを紹介し、高齢化や家族構成の変化(高齢者1人世帯・2人世帯の増加)などから必然的に生み出されてきたものだ、と述べました。

事前・葬儀・事後に備えること

九谷田さんは「死は誰にでも必ず訪れるもの」として事前(遺言、遺族へのメッセージなど)、葬儀(規模や葬儀会社の選び方)、事後(仏壇、供養のあり方)について語りました。

死に備えられることは幸せなこと

東日本大震災で現地を訪れた経験にも触れ、「突然に多くの人が亡くなり、葬式も出してもらえない人が大半だった。事故や災害で突然命を奪われてしまう人も少なくないなかで、死にどう備えるかを考えられるのは幸せなことだ」と終活の意義を語りました。

(中商週報4月2日号より転載 詳しくは中京民商ブログをご覧ください。)

西京民商 第4回建設部会行ないました!

西京民商 第4回建設部会3月30日、4回目の建設部会が行われ、6名が参加。

今回のテーマは、「今の仕事のいきさつは?」。初めて就いた職業から今の仕事に就くまでを楽しく語り合いました。

造園業の方は「植木屋は免許がない。自分で学んで腕を上げるしかない」。

建設業者の方は「リフォームは経験が重要。施主と話し合いながら「自分」が出せるから面白い」という話も聞かれました。最後に土肥建設部会部長から「助け合える部会を。お互いのつながりを作る。人材・仕事・情報、何かを持ち帰れる部会にしましょう」との締めの言葉がありました。

次回は5月18日、テーマは「解決しましょう、悩みや問題」です。

(西京民商ニュース4月16日号から転載)

山科民商 第15回経営セミナー

小規模事業者持続化補助金に挑戦しよう

山科民商 第15回経営セミナー4月16日、講師の大阪・八尾民商元事務局長 宮川晃さん(経営コンサルタント・経営士)を講師に、補助金の学習会が行われ10人が参加しました。

宮川さんは「補助金の申請用紙に記入するだけでも、経営力をアップさせていくことに気づいて、経営を見直していける」と、説明しました。(山科民商ニュース4月23日号から転載)

補助金の学習会は、右京、中京民商でも行われています。

「小規模事業者持続化補助金」の公募が始まっています。
(受付締切:同年5月18日(金))
詳細は、特設ウェブサイトをご覧ください。

婦人部 京婦協

大飯原発見学一泊学習会

日時:6月30日〜7月1日
福井県大飯町の大飯原発見学と小浜に行く一泊学習会に取り組みます。
詳しくは、民商婦人部までお問い合わせください。

行事案内

〈日程〉